宇多田ヒカル2

真夏の通り雨

 

 

 

 

 

 

これは、母の命日が関係してると

理解してのよいのだろうか、、。

 

 

 

 

 

 

正しいさよならの仕方

 

 

 

 

 

 

私は宇多田ヒカルという人間を知らないが

 

彼女もこの歌詞は迷ったんじゃないかな、、

 

 

 

彼女自身が分かっていて

それを歌詞にすることで矛盾を

感じていたのではないのかな、、。

と思います。

 

 

 

 

 

 

それとも本当に悲しくて

正しいという文言を歌詞に入れたのだろうか。

 

 

 

 

 

もしそうだとしたらこの曲は

本当に悲しい、、。

 

 

 

 

 

 

どうか教えてくれと、、。

 

 

答えなんてないのは分かってる

 

 

でも

 

 

 

悲しくて悲しくて

 

 

 

 

 

 

それを歌詞にしたのかな。。

 

 

 

 

 

今日私は一人じゃないし

それなりに、、

 

 

の下りは

 

 

社会的に正しい認識だと思います。

 

 

 

 

 

 

その認識を歌詞にしたのは

 

 

とても強い気持ちを感じます。

 

 

 

 

 

 

自由になる自由がある

 

 

というのもその通りですが、、。

 

 

 

 

 

 

anonymous0