in the end.

宇多田ヒカルのアルバムを毎日聞いています。

 

何度も申し訳ないですが私は宇多田ヒカルが嫌いでした。今でも宇多田ヒカル自身はよく知りません。

 

 

 

 

 

 

アルバム fantomeの最後は

 

 

 

 

 

 

桜流しという曲です。

 

 

 

 

 

 

アルバム全体として

最後の曲がこれになっていて

 

 

 

 

 

その前の曲が全体として浮いているのを

 

 

 

 

落ち着かせる役割を持っていると思います。

 

 

 

 

 

 

もしも

 

 

 

 

 

 

最後が

 

 

人生最高の日だったなら

 

 

 

 

 

 

浮かれたまま終わってしまいますからね。

 

 

 

 

 

 

このアルバムはそういった意味の

アルバムにはしたくなかったとおもいますので

 

 

最後に桜流し

 

 

 

 

 

 

in the end.

 

 

 

 

 

 

 

anonymous0